格差があるのは問題でしょうか?

看護師は、夜勤などの不規則な勤務体系から出会いのチャンスが薄くて結婚が難しい職業として言われていました。
しかし、近年のサービス業に多い求人内容では、女性でも夜勤で働くことは決して珍しくはない。
現在は、日本の経済が厳しい為か、男性が結婚相手として望む女性の仕事ランキングでは、看護師が上位をキープし異性からの人気がとても高い。

今年9月に発表された厚生労働省の若者の意識調査では、実に男性の6割以上が「異性の交際相手も友人もいない」と答え、日本中を驚かせた。
「草食男子」言う言葉が流行し、男性が女性に積極的になれないという現象を耳にしていたが、まさかここまで酷い現状だとは思わなかった。
これは今の高齢化問題以上に深刻な問題で、まず交際相手も異性の友人もいなければ、
そこから結婚に発展することは間違いなく望めず、今後日本の少子化が更に進むことが予想される。

男女供に結婚への願望はあり、およそ9割が結婚を望んでいて、男子が異性にまったく興味を示さなくなった訳ではない。
交際相手もいない・異性の友人もいないという現象は、日本の格差社会が大きく影響していて、今の日本は自身を持って家族を養える男性が極端に少ない。
そんな中、看護師は男性に頼らずとも、自ら働いて家庭を養うだけの体系が保障されている。
日本では女性が働き男性が家事を担当するのは世の中に認知されておらず、結婚適齢期の看護師の悩みの中でも、交際相手の収入が自分より低いという相談が多くあります。

看護師さんはせっかく頑張って高いスキルを持ち稼いでいるのだから、健康という財産を持った男性としあわせになってもらいらいと思います。
男性も健康診断の結果を持参して、看護師さんにアタックすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です